児童の不審者対応訓練を行いました。

 18日(月)に児童の不審者対応訓練を行いました。15日に引き続き燕警察署の生活安全課の方からおいでいただきました。はじめに、全校児童が警察の方からのお話を実際の動きを教えてもらいました。大切なことは「不審者だと思ったらすぐに逃げる」ことです。その後、学年に分かれて教えてもらったことができるように訓練しました。実際は不審者かどうかを見分けることは難しいところもあります。しかし、「見通しが悪い・人があまり通らない場所」「誰でも入ることができる場所」「落書きがある場所」「一面田んぼで人家がない場所」など、不審者が出やすい場所は決まっています。これからも地域の防犯パトロールの方や見守り隊の皆様などと連携をとりながら、子どもたちが危険な目に遭わないように取り組んでいきます。

IMG_7211