1年生を迎える会

 4月26日(火)の1校時に1年生を迎える会を行いました。6年生のお兄さん、お姉さんと手をつなぎ入場してきた1年生は、名前を呼ばれると体育館に響くような元気な声で返事をしていました。その後、全校ダンス、イベント委員会のアイディアあふれる劇、2年生からはRPGのダンスの贈りものがありました。1年生のメッセージでは、1年生が覚えた校歌の1番を元気よく歌いました。1年生を迎える会を通して、南小ファミリーの絆が一層強くなりました。IMG_1079 IMG_1111

 

学習参観

 4月23日(金)の5校時に学習参観を行いました。今年度初めての学習参観でした。様々な教科の授業や外部講師の方をお招きしての火起こし体験などバラエティに富んだ内容となりました。保護者や地域の方をお迎えして、子どもたちは普段以上に意欲的に学習に取り組みました。多数のご来校ありがとうございました。IMG_1663 IMG_1667

ファミリーランチ

 4月20日(水)のお昼にファミリーランチを行いました。縦割り班で集まって、一緒にお弁当を食べるというものです。ゲームをしたりお話したりと楽しく会食することができました。ファミリーグループのメンバーとの絆を深めながら、楽しいひと時を過ごすことができました。IMG_0618

 

音楽・生活朝会

 4月20日(水)の朝、音楽・生活朝会を行いました。音楽朝会では、音楽主任の指導のもと、今月の歌である校歌を歌いました。ポイントをおさえて歌うことで、よりきれいな歌声が響きました。生活朝会では、生活指導主任から今月のめあてである「元気よく挨拶しよう」について話がありました。元気の良い挨拶の響く吉田南小を目指します。IMG_0607 IMG_0610  

 

学校だより4月号 巻頭言

      「子どもが主役」の学校づくり           校長 岡崎 登

桜花爛漫の春、76名の元気いっぱいな1年生を迎えて。入学式を行いました。
 今年の入学式で、次の点を強調して式辞を述べました。
『校長先生は皆さんを、「太陽の子」だと思っています。
皆さんがいると、周りの人は笑顔になります。
皆さんがいると、周りの人は頑張ろうと元気になります。
なにより、皆さんはぴかぴかでまぶしいです。
 太陽は、みんなに明るさと暖かさを分けてくれます。』
 学校は「子どもが主役だ」と今、改めてそのことの意義を感じています。また、「太陽の子」のように育ってほしいとの願いからです。作家灰谷健次郎氏の著書に「太陽の子」という作品があります。主人公のふうちゃん(6年生の女の子)が、沖縄の人がやさしいのは、その背景に辛い戦争体験があり、その痛みがあるからやさしいのだと気付き成長していきます。学校でいろいろな出来事(ドラマ)に出会うと思いますが、その一つ一つがやさしさを育てる心の栄養源であると考えています。
 また、始業式では、2年生から6年生に自分の思いや願いを自分の夢につなげてほしいと話しました。誰かが何かを計画し、楽しませてくれることもあると思いますが、自分たちが主体的に計画し、多くの人が喜んでくれる楽しんでくれることに喜びを感じてほしいと願っているからです。また、その延長線上に、自分の夢があると思うからです。
 3月に行われた「6年生を送る会」では、まさしく5年生を中心に企画運営され、創意工夫に溢れたすばらしい会でした。卒業生の劇もストーリーを考え、迫真の演技で見ている人を楽しませてくれました。さりげなく、自分たちが迷惑をかけたことに対しても反省とお詫びの気持ちも込められていました。
 教えられたことを一生懸命にやることも大事ですし、そこが基本中の基本であることは間違いありません。しかし、そこに甘んじ、自分たちで考えることを面倒くさがるようでは、心から楽しいと感じることは少ないと思います。
 「子どもが主役」の学校づくりは、失敗を見守り、子どもを信じ、支える教師でなくてはならないとも思っています。その意味では、教師自身も研修に励み、自分を磨き夢をもたなければならないと思っています。何よりも、教師は、子どもたちにとって最大の教育環境であるからです。
 教師は、子どもの成長を願っていますが、ともすると学校の名誉や成果としての成長であることがあります。それでは、学校(教師)が主役になってしまいます。
 保護者や地域の皆様の声を聞きながら、子どもが主役となる学校づくりを目指していきますので、今年度もよろしくお願いします。

新任式・始業式

 4月6日(水)の朝、新任式・始業式を行いました。新しく来られた先生方より挨拶をいただいた後、全校で歓迎の気持ちを表す全校ダンスを踊りました。始業式では、新しく南小ファミリーになる仲間二人の紹介をした後で校長講話を行いました。校長講話では、「南小を楽しくするために一人一人が思いや願いをもつ、それを口に出す」ということについて話がありました。南小ファミリー一人一人が思いや願いをもって、平成28年度がスタートしました。IMG_1231 IMG_1244