ハロウィンの劇

 10月30日(金)の昼休みにイベント委員会が、ハロウィンにちなんだ劇を行いました。BGMあり、手作りの衣装ありの力作でした。多くの子どもたちが劇を見に来て、お化けの世界に引き込まれていました。IMG_0389

 

育児は育自

 就学時健康診断が行われました。新一年生の保護者にとっては、待ち遠し入学のことと思います。我が子の園児時代を思い出しながら、保護者に次のような話をしました。
 「 皆さんはいつ、親になられたのでしょうか。お子さんが生まれたときに、父や母になられたことはもちらんですが、親の役割や責任を感じられたのは、いつでしょうか。おむつをかえたり、夜泣きの世話をしたり、病気の心配をしたりしながら、親としての大変さと責任や役割を感じられたことと思います。
 私も、二人の子どもがいます。喘息などの病気をしたり、頭を切る怪我をしたり、友達とのトラブルから学校へ行きたくないと困らせられたりしました。
 そのたびに、親として、仕事の両立やどう話すべきか悩み、手探りしながら子育てをしてきました。さいわい、二人とも高校教員として就職し、私が仕事で悩んだことを今悩んでいるようです。
 たぶん、皆さんのお子さんも、これからいろいろな悩みを抱えるかと思いますが、それを一つずつ乗り越えることが成長へとつながっていくと確信し,また、育児は、育自ととらえ、子どもと共に成長してほしいと願っています。」
  過ぎてしまうとあっという間です。子育てを楽しんでほしいなと思います。

IMG_7229

豊かな感性

  秋晴れのもと、南風祭・南の風音楽会が行われました。子どもたちの作品を見ると、個性豊かでのびのびと描いていることが分かります。また、音楽会では、のびのある歌声、気持ちを合わせた合奏とすばらしいものでした。芸術は人と比べるものではなく、自分の思いを描き、自分の感性を育てるものだと話しました。真っ青な空のように、子どもの心に素直さややさしさが育っていることを感じた、まさしく芸術の秋でした。2015-10-18 nanpusai 015

 

みえない だれかが(学校だより10月号巻頭言)

 「だれかさんが誰かさんが見つけた、小さい秋小さい秋小さい秋見つけた」と思わず口ずさみたくなるような季節になりました。
 マラソン記録会や新潟大学管弦楽団の音楽会など、秋にふさわしい行事が行われています。南の風音楽会や作品展、南地区協議会主催の「スポーツフェスタ」など楽しい行事も予定されています。」
 学校という集団の中で、自分を磨き高めるために、「みえないだれかが」の詩を通して、子どもたちに自分を見つめさせたいと考えています。
 
                           みえないだれかが            
    一とうだ 一とうだ                   びりっこだ  びりっこだ
  かけっこで一とうだ                  かけっこで びりっこだ
  みんなにいばると                    がっかりしていると
  みえないだれかが                   みえないだれかが
  みえないどこかで                    みえないどこかで
  わらいだした                          わらいだした
  あっはっはっは えっへっへ       あっはっはっは えっへっへ
  すもうはよわいね                       すもうはつよいね
  びりっこだね                              一とうだね
 この詩は、私が30年も前に勤めた石黒小学校寄合分校の体育館に貼ってあったものです。寄合分校は、私と一年生一人という、2名だけの極小規模の分校でした。
勤めていた当時、何かしら心に残り、ノートに書き写した詩です。

 この詩は、2連からなり、対句になっています。声に出して読むとそのリズムや「あっはっはっはっ、えっへっへ」の擬態語がおもしろく感じられます。  「見えない誰かは、本当にいると思うか」 「いるとしたら、どこにいるか」   今更ながら、この詩の持つ意味を考えると深いものがあると感じます。自分でも気がつかない自分。そんな自分にじっくりと向き合い、心の中をのぞいてみる。自分の中にいる、もう一人の自分。けんかをしたり、競争したりすると、ときどき顔を出す、もう一人の自分。
 ときには、第一連のような自分。ときには第二連のような自分。どちらも大事な自分であること。それを自覚しながら、他者をいたわり、励ますことに喜びを感じる人に育ってほしいと願い、この話を7日の全校朝会でしたいと考えています。
  学校生活の中で、友達と関わり合いながら、新しい自分を見つけてほしいと願っています。

音楽朝会

 10月14日(水)に音楽朝会を行いました。18日(日)に行われる「南の風音楽会」での全校合唱「ARUKI☆DASOU」の練習を行いました。本番のように司会のアナウンスを入れて、動きも含めて合唱の練習を行いました。各学級での練習の成果が出て、朝からきれいな歌声が体育館に響きました。南の風音楽会がいよいよ近付いてきました。皆様のお越しをお待ちしています。2015-10-14 tyokai 010

 

10月7日(水) 全校朝会「みえないだれかが」

 学校便り10月号に書きましたように、今日の全校朝会で「みえないだれか」のお話を昔話風に語りました。「見えない誰かとはだれか?」「どこに住んでいるか?」と問いかけてみましたが、時間も少なく返ってくる答えはありませんでした。廊下で会った1年生が「わかった。わかった。」と言ってきたので「誰?」と聞くと、「妖怪」と答えていました。すかさず「正解」と言ってしまいました。でも、もしかしたら、自分の心の中にいる妖怪かもしれません。この答えは11月の全校朝会で話したいと考えています。2015-10-07 tyokai 012