9月30日 マラソン記録会

 秋晴れのもと、校内マラソン記録会が行われました。子どもたちの精一杯走る姿に感動し、私も負けられない気持ちになり、56年生男子と一緒に2キロに挑戦しました。閉会式では、マラソンが得意な人も不得意な人も苦しさは同じ。その苦しさを乗り越えるからこそ達成感や満足感が得られると話しました。応援に来られた保護者の皆さんも子どもたちのがんばりに声援を送ってくださり、ありがたかったです。自己ベストを1分以上も更新した子もいました。
 「たのしみは 仲間と一緒に 走るとき 苦しさに打ち勝ち そよ吹く秋風」2015-09-30 marathon12 011 2015-09-30 marathon34 033

音楽・生活朝会

 9月28日(月)に音楽生活朝会を行いました。音楽朝会では、10月18日(日)に行われる南の風音楽会で全校で歌う「ARUKI☆DASOU」の練習を行いました。子どもたちのきれいな歌声が体育館に響きました。生活朝会では、担当の教師から今月のめあてについての話を行いました。その後、登校班の班長が見せた良い姿をペープサートで、全校の子どもたちに見せました。「止まってくれた車に対して、きちんと礼をする」などの姿を南小の先輩から後輩へと引き継いでいきます。 2015-09-28 tyokai 005 2015-09-28 tyokai 008

新潟大学管弦楽団演奏会

 9月24日(木)の3・4校時に、新潟大学管弦楽団の皆様をお招きして、演奏会を行いました。「威風堂々」など子どもたちにとっても馴染みのある曲を演奏したり、指揮者・楽器体験、オーケストラの演奏と一緒に「ビリーブ」の斉唱など、盛りだくさんの内容でした。保護者や地域の皆様も多数お出でいただきました。芸術の秋にぴったりの一日になりました。 2015-09-24 orchestra 002

 

児童朝会

 9月16日(水)に児童朝会を行いました。朝会の前に先日行われた親善陸上大会の表彰を行いました。6年生一人一人が力いっぱい頑張り、多くの子どもたちが入賞しました。児童朝会では、給食委員会が発表を行いました。給食の片付けについて寸劇を交えながら、説明をしました。南小ファミリーは、「お願いします。」など挨拶をしっかり行い、給食のお世話をして下さる方に感謝をしながら、給食をいただきます。P1050248 P1050256

 

たのしみは

 6年生の短歌の授業研究がありました。条件付きで、はじめの五文字が「たのしみは」で始まり、最後の七文字が「○○○○○とき」となります。給食準備の様子を五感を使い、自分の思いをふくらませ、表現したい気持ち(感動)を中心に短歌にまとめるものでした。生活の中にある喜びを、31文字に表すおもしらさを感じてほしいと願っています。
 一学期に5年生のある児童が、昼休みに野球がしたいといった言葉が、ずっと心に残っていました。安全面やグラウンド,用具の管理等々から、迷っていましたが、さわやかな秋晴れに、6年生に声をかけて、試しにやってみました。真っ青な秋空に向かって、思いっきり打ったり、高く上がったボールを見事にキャッチして楽しんでいました。
 私も一句「たのしみは たまの休みに 野球する 狙ったコースで 三振とるとき」IMG_7180

精一杯走る・精一杯やる

 親善陸上大会選手激励会で、昨年の卒業文集に書かれた話を紹介しました。「3年生で運動会のリレー選手になり、最下位で涙が出たこと。6年生でまたリレーの選手に選ばれ、なりたくなかったこと。結果は、一位でバトンを受けながら最下位でゴールしたこと」が書かれていました。でも、友達から「今までよりも走るのが速かった」と言われ、「すごくうれしかった。精一杯やれば悔いは残らない。何事にも精一杯やる気持ちを忘れずにがんばりたい。」と結んでいました。陸上大会では、種目の選手はもちろんですが、吉田南小の一般走100Mのメンバーも、すごくいい走りをしていました。夏の練習の成果を発揮し、精一杯走りきりました。 見ていた、校長先生方が「すごいな」と口々にもらされていました。親善陸上大会は大成功だったと思っています。IMG_7142

礼儀(学校だより9月号 巻頭言)

 2学期が始まりました。元気な声が校舎にこだまし、子どもたちの充実した夏休みがうかがえます。文化祭をはじめ、南の風音楽会やマラソン大会などたくさんの行事が予定されています。勉強にスポーツに、自分から挑戦してほしいと願っています。

 さて、始業式では、夏休みの体験から『礼儀』について、話しました。その中身は、子どもたちに、失敗したり、悪いことをしたら、心で思うだけでなく、口に出し自分の思いを相手にしっかり伝えることが大切だという内容です。夏休みの体験は以下のことです。 

 8月22日、23日と6年生を対象に「学校に泊まろう!!2015」がPTA幹事団の運営で行われました。この日のために、PTA幹事団・役員の皆さんは、2回打ち合わせを行いました。

 当日は雨も上がり、スイカ割り、花火大会、肝試しと予定していたイベントを行うことができました。就寝時間になっても、イベントの興奮もあり、なかなか寝ようとはしませんでした。6年担任とは、少しぐらい羽目をはずしても、多めにみようと話していました。夜中の3時、「いつまでさわいでいるんだ」と体育館に響く声で役員の方から怒られました。さすがの子どもたちもびっくりして、以後、シーンとなり、寝ついたようです。PTA会長さんが、「寝るときには、人の迷惑にならないように」と開会のあいさつで釘をさしていたことでした。

 自分(たち)が楽しければ、何をしても許されると考えている子どもたち。人に迷惑をかけている様子を、自分はみていただけ、その場にいただけと悪びれなく言うことさえあります。

 他に、朝早くから友達の家の遊びに行ったり、夕方いつまでもお邪魔していたりという話も聞きました。また、子どもは、自分のものと他人のものとの区別がつかないで、ほしいという気持ちが優先してしまうことがありました。

  失敗したり、悪いことをしたりしたら、謝るのが礼儀です。「すいません」「もうしません」と教えることが大切です。私自身も友達と道路でキャッチボールをして、ガラスを割って逃げたことがありました。叱られると思えば、逃げるしうそもつきます。母親と謝りに行き、弁償したことをはっきりと覚えています。悪いことや失敗はしない方がいいのですが、やってしまったあとに気づくことも多いのです。

  私は、一喝してくださった役員の方に、申し訳ないと思うとともに心から感謝しています。怒ってくださった方には、本当に嫌な気持ちにさせてしまいました。スイカ割りや花火、肝試しのことは楽しい思い出として、記憶に残ると思いますが、一括された思い出は、自分が成長し大人になると、苦い思い出として思い返すときがきます。そして、心から申し訳なかったと思うと思います。それが、成長した証であり、大事な思い出に変わると考えるからです。そのとき、怒ってくださった方に、心から「ごめんなさい」と思うと信じています。

親善陸上大会激励会

 9月8日(火)の朝、明日の親善陸上大会に出場する6年生を応援する、親善陸上大会激励会を行いました。6年生代表児童が力強く決意を述べた後で、5年生のリードのもと、全校児童が6年生へ体育館に響くような大きな声でエールをおくりました。夏休みから暑い中、練習に励んできた6年生。明日は、練習の成果を十分に発揮して、南小の代表として頑張ってほしいと思います。P1050239

 

ビリーブ

 ビリーブのやさしい歌声が、1年生の教室から聞こえてきます。私の大好きな曲です。燕南小学校の創立40周年で合唱した思い出がよみがえります。この曲に込められた願いが子どもたちに育っていくことを期待しています。IMG_7092

学校に泊まろう!!2015(広報委員会)

 8月22日、23日と6年生は、学校に泊まろう会を行いました。参加した6年生は、たくさんの荷物を持って、ワクワクして学校に来ていました。スイカ割りや花火をしました。花火では、「すごい。」、「きれい。」という声が聞こえてきました。また、学校の中で肝試しもしました。みんな楽しい思い出を作ることができました。企画してくださったPTAの皆様、ありがとうございました。DSC04736 2015-08-22 tomarouhanabi 012