学校だより3月号 巻頭言

                    ともに考え、育み合う

                                                岡崎 登

 「6年生を送る会」が行われた日は、雲一つない真っ青な空を背景に、真っ白に雪化粧をした弥彦山が凛とした姿を見せていました。心のこもった手作りのプレゼントと飾り、感謝の気持ちを込めた出しものが披露されました。5年生の劇は、ほのぼのとしてじ~んとくる温かみのあるものでした。対照的に、6年生の劇は、自分たちの思いを爆発させた刺激的で仲間を意識したものでした。子どもたちの目はステージに吸い込まれ、食い入るように見ていました。子どもたちの成長を感じたひとときでした。

子どもの成長に欠かせないものに感動がありますが、トラブルもあると思います。学校生活は集団生活ですので、本当にいろいろなトラブルがあります。たまたま同じ学校に入学し、席を隣にしたのですから、当たり前だと思います。一緒にじゃれ合っていたことがけんかになったり、遊んでいたことが仲間外れにつながったりすることがあります。だからといって、悪いことをしていいとか、いじわるをしていいとかではありません。しかし、私たちは警察や裁判官ではないので善悪で判断し裁くことではなく、善悪を教えることが大切だと思っています。むしろ、そうしたトラブルを一つ一つ階段を昇るようにのり越えるから成長するのだと考えています。

 子どもは、「どうしてそんなことをしたのか、ちゃんと話をしてごらん」と言っても、すぐには応えられません。厳しい表情で叱られるので、怖くてなおさら応えることはできません。特に無知や無意識の行為は、自分の考えや感情・気持ちを整理して話すことはとても難しいことです。だから、その状況をよく聞き、察するしかないと思っています。低学年の時期は、いろいろなことに興味をもち、じっとしていられません。じっくりと話を聞き、自分のしたことを諭すように指導します。高学年の時期は、自分のしたことを見つめさせ自覚するように指導しています。しかし、子どもなので、また同じようなトラブルを起こしてしまうことがあります。そのたびに、話を聞き、保護者の方に連絡をさせてもらっています。職員にも遅くまで対応してもらっています。けれども、全部が全部このように対応できるわけではありません。もしかすると、見逃したり忘れたりしていることもあるかと思います。そんなときは、遠慮なさらずに担任に相談してください。対応に納得できない場合や不安を感じる場合は、私に声を掛け、一緒に考えさせていただけるとありがたいです。

 新採用から36年が経ちました。私は、先生と呼ばれた日から、先生になったのではなく、子どもたちや保護者・地域の皆様から先生として、温かく見守り、声を掛けていただき育てていただいたおかげだと思っています。今でも、何人かのお子さんの悩みを保護者と一緒に考えています。学校で解決が困難な難しい問題は燕市教育委員会をはじめ、関係機関と連携させて、ご指導をいただいています。子どもたちの様子や私の思いや考えを載せさせていただいた学校便りを読み、たくさんの励ましの言葉をいただきました。吉田南小学校の教育活動にご理解とご協力をいただいたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。   

学校だより2月号 巻頭言

                   特別支援教育に関心を

                                           校長 岡崎 登

 

 2月は陰暦で如月と書きますが、「衣更着」とも書くようです。「更に衣を着る」とは、本当にうまく言い当てていて、生活と言葉が結びついています。私は今、校長としてもっともっと特別支援教育について啓発しなければならないと感じています。

  私が新潟市立笠木小学校に勤務していた頃、児童朝会で6年生が寸劇を見せてくれました。笠木小学校は、文部科学省から勤労生産の指定を受け、校内の畑で育て収穫した大根やキャベツを近くの福祉施設に届ける活動をしていました。雪やあられが降る中で、6年生がリヤカーに作物を乗せて運ぶのでした。寸劇の中で、作物を渡す場面があり、もらった施設の方が「あ・り・が・と・う」と言う場面がありました。私は、たどたどしい演技だなと思いました。ところが、実際に行って、施設の方とふれあうと、その演技の意味がよく分かりました。子どもの中には、怖いと言う子もいましたが、施設の方がひとつひとつの言葉をしぼりだすように話される姿に、私は驚きと感動を覚えました。

 それから、時代はインクルーシブ教育システム構築へと移り変わりました。特別な支援を必要とする子どもは増加し、共生社会に向けての取組が行われています。

 吉田南小学校には、特別支援学級(あすなろ学級)が3クラスあります。自分の感情をうまく処理できなかったり、言葉で説明できなかったりといろいろな特性があります。そうしたお子さんは、勉強ができなかったり、怠けたりしているのではありません。そのお子さんの教育的ニーズ(それぞれの特性)に応じた指導や支援が必要で、環境が整えば大きく力を伸ばすことができます。そのことが脳科学の進歩によって少しずつ分かってきました。

 学校では、通常学級と呼んだり、特別支援学級と呼んだりしていますが、私は、どの子も支援を必要とする面をもっているし、どの子にも支援は必要だと考えています。その意味では、区別はありません。ただ、制度上、予算上このよう仕組みがあるのです。

 2月の全校朝会では、私の2つ違いの勉強の苦手な妹の話をして、もし当時、あすなろ学級で学べたら、もっと楽しい学校生活が送れたと思うし、勉強ができない妹を責めること(いじめや差別)は、自分の心を暗くすると語りました。今、子どもたちの中には、あすなろ学級と通常学級の区別や差別はありません。あるとすれば、大人(社会)の中にあるだけだと思っています。お互いの違いを認め合い、よさを見つけ合える学校づくりに保護者や地域と一緒になって取り組まなければならないと強く感じています。

離任式

 3月27日(月)の朝、離任式を行いました。今年度は11人の職員が、退職・転出となりました。退職・転出の職員からの挨拶、児童からの花束贈呈を行いました。最後に全員で校歌を歌いました。涙、また涙の離任式となりました。南小のために力を尽くしてくださった先生方に精一杯の感謝を伝えました。IMG_0084

 

第54回卒業証書授与式

 3月24日(金)に、第54回卒業証書授与式を行いました。75名の卒業生一人一人が卒業証書を手に晴れやかな表情で、南小を巣立っていきました。また、在校生は一人一人が卒業生への感謝の気持ちを歌や門出の言葉に込めて、卒業生を送りました。爽やかな好天のもと、思い出深い卒業証書授与式となりました。075

 

第3学期終業式

 3月23日(木)の朝、第3学期終業式を行いました。各学年の代表の児童が、「3学期頑張ったこと、来年度頑張りたいこと」について、発表しました。校長講話では、「この一年間を振り返り何ができるようになったのかを考えること、そして、できるようになった力を生かして、周りの人を喜ばせるようなことをすること」について、話をしました。最後に、6年生から卒業記念品として、手製の電子黒板カバーを各学級にプレゼントするという発表がありました。中身いっぱいの平成28年度が終わろうとしています。明日は、卒業証書授与式です。

IMG_0010 IMG_0018 IMG_0021

 

広報委員会「6年生を送る会」

 先日、6年生を送る会が行われました。1年生は「恋ダンス」、2年生は「飾りつけ」、3年生は「色紙作り」、4年生は「6年生何でもベスト3」、5年生は「365日の紙飛行機」、6年生は「スクラム劇場」を行いました。どの学年も工夫された内容で、とても楽しい会になりました。

IMG_2169

 

 

ファミリーランチ

 今日は全校弁当の日で、縦割り班でお弁当を食べる「ファミリーランチ」を行いました。今年度最後のファミリーランチです。ファミリーランチの中で、「1年間を振り返っての感想発表」を行いました。今の縦割り班で行動することも、6年生と過ごす時間も残り少なくなってきました。絆をより強めるファミリーランチとなりました。IMG_1822

 

 

6年生を送る会

 2月28日(火)の2・3校時に、6年生を送る会を行いました。1~5年生からは、お世話になった6年生への感謝の気持ちをもって、プレゼントの贈呈、校内の飾りつけ、ダンス、劇の発表を行いました。6年生からは、全校のみんなへの感謝を表す劇の発表を行いました。晴天に恵まれ、地域や保護者の方も大勢お出でいただきました。今日で2月も終わり、いよいよ明日からは3月に入ります。卒業へのカウントダウンが始まります。より良い形で卒業を迎えてほしいと思います。

IMG_1941 IMG_2078 IMG_2170

 

音楽朝会

  2月22日(水)の朝、音楽朝会を行いました。今日は、卒業式で歌う式歌(校歌と『たびだち』)の練習を行いました。歌い方のポイントなどを、プロジェクターでスクリーンに大きく映して練習を進めるなど、南小の特色を生かした練習となりました。きれいな声がだんだんと体育館に響くようになってきました。卒業を祝う気持ちと新たなステージに力強く羽ばたく気持ちを表すような歌い方ができるように、練習を続けていきます。

IMG_1487

 

 

メディアモラルについての学習

 2月21日(火)の2校時に、2年生が「メディアモラルについて」の学習を行いました。本校に毎月2回勤務しているICTサポーターを講師に行いました。インターネット回線を使った対戦型ゲームなどを例に挙げながら、どのようのことに気を付けて、ネットワーク機能のあるデバイスを使うのかということについて学びました。ボタンを2・3回クリックするだけで、全世界とつながる便利な機能のあるデバイスですが、怖さもあることや適切な使い方を知ることはとても大切なことだと思います。IMG_1698