2月7日(金)3年生  高齢者擬似体験

3年生は総合的な学習の時間に、福祉について学習しています。2月3日に、燕市社会福祉協議会の方から、「福祉」についてお話を伺いました。『「ふ:普段の」「く:暮らしの」「し:幸せ」』を自分も周りの人も感じられるようにするため、「もし、困っている人がいたら、その人は何に困っているのか、自分はその人のために何ができるのか」を考えることが大切だということを学びました。2月7日には、高齢者疑似体験を行い、高齢者の方が何に困っているのか、どんな支援をしたらいいかを考えました。

カテゴリー: 3年 パーマリンク