9月3日(火)不審者侵入対応訓練

校舎内に不審者が侵入したとき、職員はどのようにして子どもの安全を守るか。子どもはどのように避難すればよいか。燕警察署生活安全課の方から不審者役をしていただき、職員、子どもともに実際に動きながら訓練をしました。燕警察署の方からは「不審者の侵入後、職員がすぐに駆け付けることができていた。」「子どもは落ち着いて避難していた。」等の講評をいただきました。そして、「いかのおすし(ついていかない・車にらない・おきな声で助けを呼ぶ・ぐ逃げる・近くの大人にらせる)」という、不審者に遭遇した場合の対応の仕方について、あらためて指導していただきました。登下校時や休日、もし不審者に遭遇したらどうすればよいか、御家庭でも話題にし、子どもへの注意喚起をお願いします。

カテゴリー: 学校行事 パーマリンク