1月18日(木)児童朝会 保健委員会発表

DSC09039_R DSC09046_R 本日の児童朝会では、保健委員会の皆さんが、インフルエンザの予防についてオリジナルの紙芝居を作って全校児童に啓発しました。くしゃみをすると5mもウイルスが飛んでいくことを分かりやすく教えてくれました。
いよいよインフルエンザの流行期に入りました。すでに学級閉鎖をしている学校も市内や近隣市町村で出ています。手洗いやうがい、人混みを避けるなどの予防に努めるとともに、発熱(一気に高熱になる)や咳、のどの痛みなどインフルエンザの症状と思われる場合は早めの受診をお願いいたします。大流行しないで、何とか無事に過ごすことができると大変ありがたいです。

カテゴリー: 児童会 パーマリンク