2年生大根販売

3学期がスタートしました。
さっそく、インフルエンザや風邪が流行し、低学年は、10~11日の2日間、学年閉鎖となりましたが、
これ以上広がらないように、そして、かかってしまった子どもたちが早くよくなるように祈りたいです。

daikon-shukakudaikon-uri

9日に、2年生が生活科で育てた大根を約30本、保護者、地域の方、学校職員に販売しました。
朝、15分休み、昼休みと販売し、見事完売することができました。

2年生は、今回の売り上げ金と残りの大根を使って、お世話になった方を招待して、
豚汁を作って食べてもらおうと計画しています。

どんなふうに進んでいくか楽しみです。

50周年記念コンサート

金管引き継ぎ式に引き続き、創立50周年記念コンサートが行われました。

演奏してくださったのはリトル・アカデミー・オーケストラの皆様。文化庁「文化芸術による子供の育成事業~芸術家派遣事業」によって、これまで継続して音楽の授業や金管の指導をいただいてきた音楽ネットワークの小林和子様を中心とした楽団です。

1129-211129-221129-23

見事な演奏技術と生演奏の音色の美しさにうっとりするほどでした。体育館の床でなく、コンサートホールの椅子に座った形で聞かせてやりたいな、と 強く思いました。曲数の少ないミニコンサートではありましたが、優雅な曲から迫力のある曲、楽しい曲まで、心弾むひとときとなりました。演奏終了後、子どもたちに「美しいなと思った人は?」と尋ねると、全校児童の手がぱっと挙がりました。美しいものを美しいと感じられる感性が磨かれたようで嬉しくなりました。

後で楽団の皆様から、「『森の熊さん』のところであんなに歌ってくれる学校は無いですよ。」「オーディエンスの反応がよくてとても楽しく演奏できました」「素晴らしい子どもさん達ですね」などのお褒めの言葉もいただきました。

楽団の皆様からは、午前中も音楽の授業でご指導いただいており、身近な先生が素晴らしい演奏される姿を見て、子どもたちの夢や憧れが膨らんだのではないかな、と思います。

保護者、ご家族の皆様からもご参観、ご鑑賞いただき、50周年を祝うに相応しい充実した一日になりました。

1129-25

1129-24

 

金管バンド引き継ぎ式

29日、金管バンド「スマイル」の新旧引き継ぎ式が行われました。初めに今年がんばってきたメンバーである6年生、5年生、4年生による校歌、アフリカンシンフォニーの2曲が演奏されました。10月の発表会のときも素晴らしい演奏でしたが、引き継ぎ式に向けて練習を積んできたためか、更によい音に仕上がっています。

次に、新たなメンバーである3年生が加わりました。4・5年生も、各パートの楽器や指揮杖を6年生から引き継ぎます。学期を引き渡した6年生は、今度は聴く側に回ります。

1129-1 1129-2 1129-3 1129-4 1129-5

新しいメンバーでの初演奏です。校歌1曲ですが、初めての発表とは思えない堂々とした演奏でした。

これまで継続して指導していただいてきた音楽ネットワークの皆様のご指導と、子どもたちのがんばりが成果として形になって表れた引き継ぎ式でした。

 

 

 

 

北っ子祭り

21日、児童会の「北っ子祭り」が行われました。

学年ごとに工夫を凝らした出店を、前半・後半に分かれて楽しむ行事です。好天にも恵まれ、燕北幼稚園、藤の曲保育園の園児たち、職場体験学習中の中学生、保護者・家族の皆様からもお客として参加していただきました。

この日に向けて、各学年とも熱心に話し合ったり準備したりしてきました。出店の内容を決め、材料を集め、役割を分担し、ポスターで宣伝し・・・。いよいよ迎えた当日です。

1年生「どこにあるかな」「うんめいのわかれみち」

1121-12 1121-11

2年生「○×めいろ」「ダーツまとあて」

1121-22 1121-21

3年生「なぞときの館」

1121-33

1121-32

4年生「リサイクルゲーム分別ゴルフ」

1121-42 1121-41

5年生「箱の中身は何でしょう?」「笑ってはいけない3分間」

1121-51 1121-52

6年生「生きて帰れ~メアリーの苦しみ~」

1121-61 1121-62お祭り全体はスタンプラリー形式で、各出店を回るとカードにスタンプを押してもらえます。1つ1つのスタンプは平仮名1文字で、全部の文字を集めるとある言葉ができるという仕組みです。集まった文字は、「つ(小さい)・す・み・た・る・ん・い・!・ま・こ・な・き」でした。さて、どんな言葉ができるのでしょう?なんだか分かりますか?

答えは、閉会式で明らかになりました。写真がその答えです。

1121-71

「みんなスマイル北っ子!」

 

校内授業研究(4年 学活)

16日(金)、燕市教育委員会指導主事お二人からおいでいただき、校内の授業研究が行われました。

朝の学級タイムに続く長善タイムをまず見ていただき、その後、1時間目の授業を全クラス通覧でご参観いただきました。2時間目は、全校公開授業です。4年小山学級の学級活動の授業を校内の全教員で参観しました。

議題は、北っ子祭りの成功に向けて、学級の出店(ごみの分別ゴルフ)のもっとよくしたいことは何か、どんなことを工夫するとよいか、でした。事前に行ったミニリハーサルを受けて、4つの係ごとに話し合ったり、学級全体で話し合ったりしました。

1116-1 1116-2 1116-3 1116-4

子どもたちは、北っ子祭り全体の目的から、「笑顔いっぱいの北っ子祭り」「目的を達成するために思いやりを大切にする」などの目標やスローガンを立てており、お客さんに喜んでもらえるお店にするにはどうしたらよいか、真剣に話し合っていました。

1116-5 1116-6

意見が食い違うことを前提としながら、共通課題解決のために粘り強く話し合う態度や話し合いの技術は、これからの時代ますます大切になっていくことでしょう。各教科の学習の基盤づくりにつながる、学級活動の授業でした。

1116-7

 

 

 

 

睡眠習慣の大切さ(眠育)

健康づくり、脳の発育、学習効果の増大など、睡眠の重要性が明らかになっています。燕北小学校でも、3年前から眠育に取り組んでいます。

学校では、今、睡眠の重要性の理解とよりよい睡眠習慣づくりを目的に、学級ごとに保健指導を行っています。

写真は4年生の様子です。

minniku

宿題や習い事、スポーツ少年団など、どうしても夜型になりがちな事情もありますが、今一度自分の生活を見つめ直してほしいと思います。

パワー爆発!あいさつ運動(1年生)

燕北小学校では、各学年ごとに工夫したあいさつ運動を行っています。
今日からは1年生の番。
肌寒い朝でしたが、「おはようございます」の元気な声が玄関に響き、体が温まるようでした。

aisatu2

 

燕中学校 絆スクール集会参加(6年生)

11月6日、燕中学校で、中学校区絆スクール集会が行われました。中学校2年生が中心となって企画、運営し、学区の各小学校から6年生が招かれ、参加しました。

初めは体育館での交流。グループになって自己紹介です。まだちょっと緊張気味。

1106-0

グループ対抗ゲームで絆づくり。手をつないで輪になった状態でフラフープを1周させるリレーや、

1106-2なんと、中学生とジャンケン列車。壮観です。

1106-3

その後、各教室に分かれて、中学生の職場体験で学んだことの発表を聞きました。最初は代表者の発表。

1106-4

続いて、小中1人ずつのペアでじっくり聞かせてもらいました。

1106-5 1106-6 1106-76年生の感想は・・・。

「すごかった。」だそうです。

 

50周年記念式典第2部

式典第2部は、学年毎の発表でした。各学年とも、趣向を凝らした演出で学習の成果の一端を披露することができました。

1年生 学校探検でお気に入りの場所と先生クイズ1027-21 1027-22

2年生 行事を中心に学校の一年間をスライドに映しながら紹介。

1027-23 1027-24

3年生は、町探検で調べた地域のお宝を寸劇を交えて紹介。

1027-25 1027-26

4年生は、「50年のなるほどボックス」の仕掛けで、学校の歴史を発表。

1027-27 1027-28

5年生は、国語の学習で作った俳句と自作の振り付けによるダンス。

1027-29 1027-306年生は、燕市をPRする動画CMづくりに挑戦。笑いが生まれたところで「ふるさと」の合奏、合唱でしっとりとしめました。

1027-31 1027-32

最後に、全校児童が、会場の人たちに向けて感謝のメッセージを伝えました。

1027-33 1027-34途中、スライドを見やすくするために照明を落としたら逆に暗くなりすぎて大慌てになるなど、ハプニングもありましたが、どの学年の発表も見事で、市長様、教育長様からも「素晴らしかった」との感想をいただきました。

子どもたちの成長につながる記念式典になったと思います。そして、ご参加くださったすべての皆様にとって、心に残る記念式典になったことと思います。

 

50周年記念文化祭・記念式典第1部

10月27日、50周年記念文化祭が行われました。記念式典も同時開催するため、例年と異なり、教室・廊下二回が・書写作品が展示されました。

1027-1 1027-2 1027-3 1027-4

記念式典には、鈴木燕市長様、櫻井県議会議員様をはじめ、多くのご来賓のご臨席を賜り、厳粛な雰囲気の中、片岡実行委員長様の式辞がありました。児童代表挨拶も立派でした。

1027-5 1027-6 1027-7 1027-8