味噌の仕込み(3年生)

21日、越後味噌醸造の木龍社長様からご指導いただき、3年生が味噌の仕込みを体験しました。味噌づくりの行程についてはすでに学習済み。国語教科書の「すがたをかえる大豆」の学習も生かし、実際に仕込み作業にチャレンジです。

1121-1

煮込んだ豆に乾燥米麹を混ぜ、団子にして中の空気を抜きながら容器に詰めていきます。おいしい味噌をつくろうと、講師の説明をしっかりと聞き、丁寧に作業を進めました。予想以上に力のいる作業でしたが、保護者ボランティアの皆様にも助けられ、3人グループで一樽(4.2㎏)ずつ仕込むことができました。

1121-2

仕込んだ味噌は、来年夏の高温期を超えておいしくなるのだそうです。一年後が楽しみです。

 

北っ子祭りで最高の一日に!

11月10日、児童会行事「北っ子祭り」が行われました。朝から体育館に集まった子どもたち。元気よく児童会の歌を歌った後、前半・後半に分かれて各学年の出店を楽しみました。

1110-11年生は、どんぐりを使った「つりぼり」と「どんぐりおみくじ」「どんぐりころがし」のお店。どんぐりは、校庭でたくさん拾って集めました。北幼稚園や藤の曲保育園の園児たちに大人気です。1110-22年生は、空にしたロッカーに的を置き、ストラックアウトの要領で行う「びゅんびゅん当て屋」と、体育館のステージから紙飛行機を飛ばす「びゅんびゅん飛行機屋」。6年生が挑戦していますが、これが結構難しい。1110-33年生は「笑顔いっぱいプレイランド」。部屋の入り口では科学マジックのショー。参観者も体験することもできます。奥には、いくつものゲームコーナー。輪投げやボウリング、手作り迷路を解くタイムトライアル、輪ゴム鉄砲など盛り沢山。1110-44年生は、体力勝負の2コーナー。体育館ではサングラス姿の鬼から逃げる「逃走中」に似た鬼ごっこ。教室では「ボール運び迷路」。タイムトライアル形式で、お玉にピンポン球を乗せて段ボールの迷路を運ぶという凝った企画(閉会式で、「これが楽しかった」という感想が多く聞かれました)です。1110-8

5年生は、「北小なんだこれミステリー ~ジャングルの未知な動物と愉快な仲間たち~」。ヒントをもとに、校舎中を回って「未知な動物」を探すという、全校でいちばんユニークな企画。写真は、ツアー参加者(お客さん)の呼び込みをしているところ。1110-6そして、6年生。お化け屋敷をできるのは6年生だけの特権ですが、ただ怖いだけではありません。「メリーさんの捜し者」というタイトルで、ミステリーめいたストーリー設定がされています。数種類のポスターも、とってもセンスあふれる格好いいものでした。順番待ちをする列には幼稚園児の姿も。大丈夫だったかな?1110-7

すべての出店を回ってスタンプを集めると、ある言葉になります。閉会式で、運営委員会児童からその言葉が発表されました。答えは、「年に1度のあきまつり」の10文字。さすがに全部の文字を集められた子は少なかったようですが、それぞれが思い切り楽しんだ一日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども・地域の安全について一緒に考えてみませんか?

今年度の燕市地域連携促進事業として、防犯授業と防犯講演会を計画しています。講師は、社会学博士で安全マップ作りの提唱者である立正大学教授 小宮信夫氏です。ご著書も多くテレビ番組にもよく出演されるので、ご存じの方も多いのではないかと思います。

キャプチャ

日時は、12月7日(木)の午後で、会場は、燕北小学校です。

子ども・地域の安全に関心をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。防犯授業は全校児童対象ですが、大人の方も参観可能です。詳しくは、下のチラシ(PDF形式)をご覧ください。参加を希望される場合は、事前に電話でお申し込みください。

大勢の方のご参加をお待ちしています。

※ここ(↓)をクリックすると、チラシを見ることができます。

地域連携促進事業チラシ

 

 

できないことは恥ずかしいことじゃない

11月8日、「あすチャレ!スクール」が行われました。これは、日本財団パラリンピックサポートセンターがパラリンピック選手を小中学校に派遣して行う教育プログラムで、子どもたちが直接選手から話を聞き、競技を体験することで、心と体でパラスポーツの「すごさ」「かっこよさ」を感じたり、「可能性に挑戦する勇気」「障害とは何か」などについて考えたりしてもらおうというのが目的です。燕市が申し込み、市内3つの小中学校で実施されました。

1108-2

燕北小学校には、車椅子バスケットボール元日本代表キャプテンの根木慎志さんがおいでになりました。全校児童の前で車椅子の疾走やドリブル、シュートを実演したり、5・6年生・職員の代表と一緒にミニゲームを行ったりしていただきました。

1108-1

講師の明るい人柄や熱い思いが子どもたちに伝わり、また軽妙な話術もあって体育館中が熱気にあふれました。子どもたちは精一杯の声で声援し、また、講師のお話にはしんと耳を傾けて聴き入っていました。「苦手なことやできないことは恥ずかしいことじゃない。」「仲間が応援してくれるとチャレンジすることが楽しくなる」「障害は社会みんなで力を合わせることで乗り越えていける」根木さんのそんなメッセージが、子どもたちの心に深く刻まれた2時間でした。終了後、子どもたちからは、「根木さんの笑顔や明るさを見習って自分のネガティブなところを直したい。」「障害は悪いところだと思っていたけど、楽しそうなのでびっくりした。」「自分もいろいろなことにチャレンジしていきたい。」といった感想が多く聞かれました。

文化祭

10月29日、文化祭が行われました。作品展示のほか、ステージ発表、PTAバザー等、賑やかで大変楽しい一日となりました。

1029-0体育館に飾られた絵や習字作品の鑑賞

1029-1

1年生:開会の言葉、「きらきら星」、音読発表

1029-2

2年生:町探検で発見したすごい人(商店・会社)のクイズをダンス風に

1029-3

3年生:マジックショーを盛り込んだ器楽合奏(「お菓子の好きな魔法使い」)

1029-4

4年生:水の色が変わる?サイエンスショーを盛り込んだ演劇

1029-5

5年生:心を一つに美しい歌声を響かせた合唱

1029-66年生:寸劇+器楽合奏+ボディパーカッション

1029-76年生が呼びかけた募金活動

1029-8クラブ活動の作品

1029-9PTA・地域住民の皆様による作品

1029-10たくさんの品物が並んだPTAバザー

1029-11北の親父の会の皆様によるコーヒー・玉こんにゃく・フランクフルト・型抜き遊び

1029-12

地場産品がたくさんの即売会場

この日、隣の北幼稚園でも文化祭・バザーが行われ、小学校と幼稚園の両会場を行き来しながら楽しむことができました。PTAの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

稲刈り・脱穀作業(5年生)

26日、JA越後中央の寺田様、加藤様のご協力により、5年生が稲の脱穀作業を行いました。9月に稲刈りをし、プールのフェンスにはざ掛けをしておいたものです。先日の台風21号でぬらしてしまい、実施できるか心配されましたが、無事行うことができました。1026-1  農家の子はおらず、全員初めての作業です。おそるおそる脱穀機に稲束を運びます。

1026-2

「怖い」と思いながら稲を脱穀機に。

1026-3

2回目には、すっかり慣れ、「楽しかった。」「わらがふかふかして気持ちいい。」という感想が聞かれました。脱穀された米粒を見て、「お米だ。」と感動している子も。自分たちの手で田植えをし、刈り取りをした米。来月、収穫祭を行う予定です。

 

赤ちゃん誕生(2年生)

少し古い話になってしまいましたが、10月6日、済生会三条病院の看護師さんからおいでいただき、2年生が「赤ちゃん誕生」の学習をしました。命の始まり、お母さんのおなかの中での赤ちゃんの成長、お母さんと赤ちゃんが両方がんばって生まれてくることなどを教えていただきました。

1006

子どもたちの感想です。

「いのちは、さいしょはとても小さくてびっくりしました。」

「一ばん大じないのちのお話を聞いたら、自分のいのちを大切にしようと思いました。」

「(同級生の)**さんのしんぞうの音と、赤ちゃんのしんぞうの音のはやさがちがったのでびっくりした。」

「赤ちゃんは、おなかの中でがんばって生まれてきていると分かりました。赤ちゃんはいろんなことをれんしゅうしていることも分かりました。」

「お母さんががんばって、わたしたちをうんでくれたんだなあと思いました。」

 

避難訓練2題

25日に、不審者対応の避難訓練を行いました。警察官の方から不審者役をやっていただき、教室内に侵入したという想定で行いました。

子どもを避難させること、職員室に連絡すること、不審者を刺激せず、しかし逃げられないように対峙すること、自分の安全も確保すること。頭で分かっていても、同時にいくつものことをしなければならず、とても難しいことが実感できました。

1025-2

終了後、体育館で、不審者から身を守るために大切なこと(不審者を中に入れないための施錠、不審者かどうか気付くための声かけ・あいさつ、捕まえられないための距離2M・ダッシュで逃げる20M、大声を出すこと)を全校で確認しました。警察の方からは、不審者は普通の格好をしていることもあること、何かあったとき必ず家の人や警察に連絡することの大切さを話していただきました。

少し以前には、Jアラートへの対応訓練も行いました。放送の合図で校舎内の窓の少ない場所に避難し、身をかがめて頭を守る姿勢を取りました。

1025-1昔は、避難訓練と言えば火事や地震を想定していましたが、現在は、こんな訓練もせざるを得ないのです。自然災害は仕方ないことかもしれませんが、不審者やミサイルへの対応を考えなくてもよい時代になってほしいものです。

 

 

さつまいもの収穫

11日には、1・2年生による教材園のさつまいも掘り作業が行われました。

1011-1

1011-31011-2うれしそうですね。しばらく貯蔵し、甘みを増したところでさつまいもパーティーの予定だそうです。

 

PTAガラス拭き作業

15日の日曜早朝、PTAガラス拭き作業がありました。生憎の肌寒い日でしたが、約1時間、一生懸命体を動かすと、体はぽかぽか、ガラスはぴかぴかになりました。

1015-1 1015-2 1015-3体育館の高いところも、お父さん方の手で磨かれました。文化祭を気持ちよく行えそうです。子どもたちとともに、感謝申し上げます。

1015-4

屋外では、北の親父の会の皆様による、庭木の冬囲いボランティア。プロの方に教わりながら、丁寧に作業をしていただきました。これで雪が降ってもばっちりです。