50周年記念・めばえ寄せ「きたざくら亭」開演

7月4日、文化庁「文化芸術による子供の育成事業(巡回公演事業)」を活用し、落語家など芸人さんの出演による寄席「きたざくら亭」を催しました。「きたざくら」の名称は、5・6年生が考えた複数の案の中から全校児童で選びました。当日は、沢山ののぼり旗が立ち、会場係の子どもが呼び込みを行う中、体育館への入場が始まりました。入り太鼓を叩くのも係の子どもです。舞台係はステージのセッティング。寄席文字によるポスターは6年生全員で書きました。進行係も係りの子どもが行いました。

0704-1 0704-2 0704-3 0704-4 0704-5

0704-1-1

0704-6この日の出し物、まずは落語、そして動物物真似、さらに上方落語へと続きます。

0704-7 0704-8 0704-9 0704-10お仲入り(休憩)には、太鼓や三味線に触れられる体験コーナーが大人気。0704-110704-12

後半の最初は、大喜利コーナー。代表児童が高座に上がり、一人一人順に自作の小咄を披露しました。緊張しながらも堂々と演じ、拍手喝采を浴びていました。

0704-13 0704-14 0704-15

この後、さらに出し物は続きます。ますは大神楽。水の入ったコップを鍬に乗せて振り回したり、包丁2本を使った皿を回したりするのを、息を飲んで見つめていました。そして、最後のトリも落語です。

0704-160704-170704-18

寄席は、子どもたちには難しいかな?と少し心配もしていましたが、特に低学年の反応がよく、落語に笑い声を上げたり、太神楽に拍手喝采を送ったりしていました。保護者、地域の皆様も大勢おいでになり、楽しんでいただきました。この日も非常に蒸し暑い日でしたが、それを忘れるくらい盛り上がった寄席となりました。

 

 

 

 

 

笛人 本宮宏美さんによるミニ講演&演奏会

23日の学校参観日、全校児童、保護者、地域の皆様を対象に、燕市出身のフルート奏者 本宮 宏美さんをお招きし、ミニ講演&演奏会が行われました。前の投稿でお知らせした芸術家派遣事業と同じく、学校創立50周年記念事業の一環です。先週あった児童会主催「スマイル絆集会」の子どもたちの素晴らしい歌声から始まり、今週のプロの方々による演奏と続き、まるで「ミュージックウィーク」と呼びたいほど校内に音楽があふれた一週間となりました。

0623-10623-2

講演では、ご自身の経験をもとに、「好き」と思えることに出会ったら、それを大切にしてほしいと語っておられました。それが夢をもつこと、夢を追い求めることにつながること、もしかしたらそれが将来の仕事になるかもしれないこと。そんなことに気付かせていただきました。

演奏では、ギター、ベースのお二人とともに、それぞれの楽器を紹介しながら、なじみ深いアニメ映画のテーマ曲からご自身が作曲された曲、燕北小の校歌まで様々なレパートリーの曲を演奏してくださいました。

0623-4

0623-3

0623-5

0623-6

中でも、「魂を込めて演奏します」と言って、デビュー曲「息吹」の演奏を始められたとき、その迫力に蒸し暑い体育館が静まりかえりました。聴く者の心に響く演奏でした。

終了後、CD等の販売ブースに立ち寄って、CDやコンサートのチケットを買い求めたり、本宮さんを囲んで感想を話す保護者の方の姿が目立ちました。50周年に相応しい、思い出深い一日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

芸術家派遣事業

21日、文化庁「文化芸術による子供の育成事業(芸術家の派遣事業)」により、プロの演奏家であるNPO「音楽ネットワーク」の皆様から学校においでいただきました。
4年、5年、6年それぞれの音楽の時間にご参加いただき、素晴らしい音色を聴かせていただきました。
0621-1

楽器の取り扱い、演奏の技術など、具体的なご指導もいただきました。

0621-20621-30621-4

ロング昼休みを活用した金管バンド「スマイル」の練習にもご参加いただきました。練習後には、スマイルバンドの演奏が前日までと違って聞こえました。

0621-5
子どもたちにとって、自分たちが使っている楽器でも素晴らしい演奏ができることを感じました。練習の大切さも再認識しました。
7月の燕市「飛燕夏祭り」のパレードに向け、学びの多い一日となりました。

 

 

 

6年生修学旅行2日目

【さよならキッザニア】

楽しかったキッザニアをあとにします。

キッザニア3

 

【キッザニア】

地下鉄があまり混雑しておらずよかったのですが、キッザニアは今日は大盛況らしいです。
でも到着が早いので今のうちは希望の所に行けそうです。

キッザニア2

キッザニア1

 

【朝食】

二日目のスタートです。皆元気で朝食を食べ終えました。
これからラッシュアワーの地下鉄に向かいます。

朝食

6年生修学旅行1日目

スカイツリーにてスカイツリー2

スカイツリー1

浅草寺にてsensoji_temple2

田植え体験(5年生)

校庭の藤の花が盛りです。昨年よりも花の付き方がよいような気がします。密を運ぶのか、熊蜂が飛ぶ姿も見られます。

0511-1

雨で延期になっていた5年生の田植え体験が、11日に行われました。JA様、水田の持ち主の星野様のご協力により、学校前の水田をお借りして、手植えの作業をさせていただきました。0511-2他の土に足を取られ、「足が抜けない」と言いながら、一人3列ずつ植えていきました。転んで泥だらけになる子も続出。それでも、「楽しい」「またやりたい」「稲刈りが楽しみ」などと声を上げながら最後まで植えることができました。

交通安全教室

26日、交通安全教室が行われました。前日までの雨で、体育館実施の方向で準備をしていました。しかし当日朝、教頭先生がグラウンド状態を確認すると実施可能な状況でした。急きょ屋外実施に変更し、準備を整えました。

高学年(自転車)、中学年(自転車)、低学年(歩行)の順で行いました。初めに警察の方から全体的な説明があり、その後、一人一人がグラウンドに作られた摸擬コースを使っての練習となりました。警察、交通指導隊、PTA生活指導委員、地域ボランティア等たくさんの方からご協力いただいたおかげで、コースの各交差点で、個別にご指導いただくことができ、非常に実際的な教室となりました。

0426-16年生ともなると4回目の自転車教室。乗り方や安全確認の仕方がうまいとお墨付きをいただきました。これを交通事故防止につなげてほしいと思います。

3年生の中には、自転車がまっすぐに進まず、ふらふらしてしまう子も見られました。とても心配になりました。それでも、自転車を持参した子はほとんどヘルメットを持っており、その点は安心できました。

1・2年生は、歩行教室です。手の挙げ方や安全確認の仕方をしっかり学んでいました。コース1周を歩き終えると、「楽しかった-。」の声。「まだ時間があるので2回目も行います」と聞くと、「わーい。」と大喜びでした。

来年は、校門前の道路を使ってより実践的に行うことも検討しています。

 

 

1年生を迎える会

新しい1年生を迎え、平成30年度が始まりました。20日には、児童会による「1年生を迎える会」が行われました。

0420-10420-8

0420-60420-30420-40420-50420-20420-7この日のために、各学年が分担して準備を重ねてきました。

2年生は教室の飾り付け。3年生はステージの看板に付ける輪飾り。4年生は招待状。5年生はプレゼント(ミニ自由帳、校歌と児童会歌の教室掲示物)と花のアーチ、6年生はミニランドセルと入退場エスコート。

1年生も練習してきたらしく、どの子も、自己紹介インタビューに堂々と答えていました。好きな遊びを聞かれて、「外遊び」を挙げていた子が今年は多かった気がします。元気いっぱいです。

早く学校に慣れ、お兄さん、お姉さんと一緒に遊べるようになってほしいです。

 

 

 

 

 

 

雪溶けて・・・

ようやく春らしい暖かさとなった15日、全校集会がありました。

枯れ木のような茶色の枝から、瑞々しい黄緑色の新芽が芽吹く様子を見せたいと、数日前にアジサイの枝を切って用意していました。ところが、この暖かさの中で、すでに茶色い外皮を破り、新芽が芽吹いています。それでも、子どもたちは、「わあ」とと言って見てくれました(優しい子どもたちです)。

講話は短めに終え、こんなに暖かな日は、大いに外に出て遊びましょう、と呼びかけました。学年末で、課題が終わらず、教室で勉強している子もいましたが、低・中学年を中心に、大勢の子どもたちが外で遊んでいました。中には半袖姿の子もいます。

小林一茶の句に「雪解けて村一杯の子どもかな」がありますが、本当にそんな感じの一日でした。

0315-10315-20315-30315-40315-50315-6

6年生を送る会

3月2日、6年生を送る会がありました。この日のために、5年生を中心に、準備を重ねてきました。いよいよ本番。ということは、6年生とのお別れの日が近いということでもあります。

0302-15

体育館の壁面に飾られた6年生一人一人の顔写真。ひな人形の衣装です。2年生が作りました。

0302-8

1年生のエスコートで入場。1年生を迎える会と逆の立場です。

0302-9

入場曲の演奏をするのは、金管バンドの新メンバーである4年生。

0302-2

花飾りのアーチをくぐって入場しました。

0302-10

最初に6年生によるくす玉割り。6年生への感謝の言葉を記した垂れ幕。一つだけ、引きひもが切れてしまうというおきまりのアクシデントもありましたが、無事に全部開き、メー-セージが読み上げられました。

0302-10302-3

0302-16

ゲームは、ジャンケンピラミッド。6年生にジャンケンで勝って進み、ステージ上のラスボスを倒したらゴールです。

0302-18

0302-17

0302-5全校そろってありがとうコール。そして、縦割りグループスマイル班ごとに、お世話になった6年生へ感謝の言葉とともに色紙を渡しました。6年生は嬉しそうに読んでいました。

0302-196年生を囲むようにして歌のプレゼント。曲は「あとひとつ」 ♪あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う その時が来るって~♪

涙を浮かべながら、しっかり聞き入る6年生の姿が印象的です。

0302-14

0302-60302-11

0302-12

0302-136年生からお返しの出し物。文化祭で披露したパイレーツ・オブ・カリビアンを下敷きに、寸劇にダンス、巨大シャボン玉づくりのパフォーマンスと盛り沢山です。生まれたてのマスコット「きたぴょん」も登場しました。

 

……卒業する6年生への温かな思いと、「次は自分たちが全校をリードするんだ」という5年生の決意にあふれた会でした。