外部講師の方から金管バンドのご指導をしていただきました。

2月23日(木)。楽器店の方の紹介で、講師の方にお越しいただき、金管バンドの指導をしていただきました。さすが専門的な力量をおもちの方です。子どもたちに大切なことを的確に指導していかれました。「素晴らしいご指導だなあ。」と、思いました。DSC09273

子どもたちは今日も一生懸命学習していました。

2月22日(水)。1年生はグループ発表の練習をしていました。2年生は今までの成長の記録をまとめた冊子の点検を隣同士で行っていました。3年生はスーパーチャレンジ算数テストに取り組んでいました。4年生は2分の1成人式の練習をしていました。将来の夢を発表する姿がかっこよかったです。DSC092515年生は社会科で北九州市がどのようにして環境汚染の問題を克服したのかを学習していました。6年生は外国語活動で、何になりたいかを英語で表現していました。今日もどの子も一生懸命楽しそうに学習していました。DSC09229DSC09220DSC09223DSC09226DSC09227

全校集会がありました。

2月22日(水)。全校集会がありました。今日の全校集会では、「親孝行であることの大切さ」についてお話ししました。江戸時代の学者、中江藤樹のお話から子どもたちに親孝行の大切さを説明していきました。詳しくは、2月末に出される学校便りをご覧いただきたいと思います。DSC09244

今日も子どもたちは一生懸命学習していました。

2月21日(火)。今日も子どもたちは一生懸命学習していました。1年生は近くの子ども同士で算数の答え合わせを仲良くやっていました。2年生は体育で跳び箱に挑戦していました。先生のお話を聞く姿がとてもよかったです。3年生は、スーパーチャレンジテストに向けた練習問題に取り組んでいました。4年生は丁寧に習字を書いていました。5年生は、算数のテストに取り組んでいました。DSC09216DSC09209DSC09208DSC09212DSC092146年生は算数で答えを絞り込む方法を学習していました。どの子もよくがんばってDSC09207いました。

町内子供会がありました。

2月17日(金)。町内子供会がありました。新しい町内会長の児童を選出したり、新年度からの登校班を確認したりしました。ご多用の中、現町内会長の児童の保護者の方からもお越しいただきました。ありがとうございました。DSC09197

委員会引継ぎ式がありました。

2月16日(木)。委員会引継ぎ式がありました。各委員会の委員長の6年生が、「さらに素晴らしい委員会にしていってほしいと思います。がんばってください。」と期待を込めて引継ぎの言葉を述べ、委員会のファイルを5年生の新委員長に渡しました。そして、5年生の新委員長は、それに応えて、「伝統を引き継ぎつつ、さらに素晴らしい委員会活動としていきます。」と決意を述べ、委員会のファイルを受け取っていました。すがすがしい緊張感が漲るひとときでした。「こうして、燕北小学校のよき伝統は受け継がれていくのだなあ。」と、しみじみ感じた時間でした。その後、6年生を中心にしてスマイル班の記念写真を撮りました。DSC091916年生とのお別れが近付いてきていることを感じました。DSC09184

3年生が鎚起銅器作りを体験しました。

2月15日(水)。3年生が鎚起銅器作りを体験しました。玉川堂様から職人の皆様にお越しいただき、ご指導いただきました。また、たくさんのボランティアの皆様が来校し、子どもたちを助けてくださいました。お陰様で子どもたちは素晴らしい体験をすることができました。鎚で一枚の銅板から素晴らしい品物を作り出していく鎚起銅器、職人さんの中には、当校の卒業生もおいでだそうです。きっと、小学生の時に体験した鎚起銅器作りの感動が、その方を職人さんへの道に進ませたのでしょう。今日の体験はとても楽しかったようです。子どもたちの中にも、「大きくなったら鎚起銅器作りの職人さんになりたいな。」と思った子がいたかもしれません。DSCF9007DSCF9020

給食にかわいらしい食べ物が入っていました。

2月14日(火)。今日はバレンタインデーということなのでしょうか、給食にとてもかわいらしい食べ物がでました。ヨーグルト和えの中にきれいなハート型のかんてんが入っていました。かわいい物が入っていて、子どもたちも食べていて楽しかったのではないでしょうか。DSC09166

1年生がクイズ大会をしていました。

2月10日(金)。1年生がクイズ大会を行っていました。先日の研究授業の続きの授業です。研究授業では、クイズのヒントをどういう順番で出せばよいのかを学習しました。そして、今日のクイズ大会、「ヒントの出し方はどうかな。」と思ってみていましたが、どの班も多様な答えが出てくるヒントから、だんだんに答えが絞られていくヒントの出し方をしていて、素晴らしかったです。研究授業で学んだことが完璧に生かされた授業となっていて見事でした。また、最後のヒントまで答えが分からない出し方をしていますから、子どもたちも最後までクイズに引きつけられ、とても楽しそうでした。DSC09156DSC09155

サミット工業の社長さんが、子どもたちに工場の仕事の様子を教えに来てくださいました。

DSCF89532月9日(木)。燕市にあるサミット工業の社長さんが、工場の仕事の様子を3年生の子どもたちに教えるために来てくださいました。製品も多数ご持参いただきました。子どもたちは、なめらかな仕上がりの感触やしっかりとした作りのよさ、使いやすいように工夫した形などを製品に直に触って感じ取っていました。とても詳しく教えていただき、子どもたちはとてもいい学習をすることができました。ありがとうございました。DSCF8944