いじめ見逃しゼロスクール集会

  今年度2回目のいじめ見逃しゼロスクール集会では、生活委員会から「心のかようあいさつ」について、あすなろ委員会から「友達の良いところを見つけよう」の取組について、発表がありました。この2つの取組を通して、東っ子みんなで「いじめ見逃しゼロ」を目指していきます。

 また、「いじめ見逃しゼロ」に向けた各学年1取組も行っています。学校で取組内容を掲示しておりますで、ご覧下さい。

第7回燕ジュニア検定

今年度で7回目となりました。182人が受検しました。満点者には「燕ジュニア博士」としてもれなく「認定バッジ」が進呈されます。さて、満点の児童はいたでしょうか?

●Aクラス(超難問コース・☆,☆☆,☆☆☆から100問,30分)6人受検!

●Bクラス(難問コース ・☆,☆☆ から50問,20分)86人受検!

●Cクラス(入門コース ・☆ から50問,20分)90人受検!

 

ボランティアの皆様、ありがとうございました。

就学時健診で新1年生のお手伝い!

2日の午後、来年度に入学してくる子どもたちの就学時健診がありました。そのお手伝いを、来年6年生になる5年生ががんばってくれました。受付、健診の補助、教室の移動、待ち時間の園児たちとの遊び相手をしてくれました。朝から、この活動を楽しみにしていた人。腰をかがめ、園児と目の高さを合わせて話をする人。「トイレ、大丈夫?」と優しく尋ね、手をつないで連れて行ってあげる人。「学校は楽しいよ。4月に待っているからね。」と声を掛ける人。一人一人が自分でどうやったら幼稚園の子どもが楽しく過ごせるか、考えて行動していました。優しく、温かいとても素敵な時間でした。きっといい6年生になると確信しました。(5学年便りより)

学習指導研究会

 

 

 

 

 

【研究主題】考えをつなぎ,学びを深める子どもの育成(2年次)~対話的な学びの場の工夫を通して~を掲げ、6年2組と3年1組が国語科の授業を公開しました。

 6年2組は「海の命」、3年1組は「ちいちゃんのかげおくり」で、対話を通して読み深め、物語の『作品の心』をとらえていく授業でした。

グループで工場見学!燕スピリッツを体感してきました。

総合学習「世界に誇る燕スピリッツ」の学習で、飯塚金属(キセル)、柄沢ヤスリ、ツボエ(おろし金)、アサヒ(洋食器)にグループで見学に行きました。

 

   3年生でのピカ一名人の学習でも訪ねている3社ですが、燕の金属加工技術・ものづくりにスポットを当て、さらに詳しく学んでいる子どもたちにとって、再度の見学はとても価値のあるものでした。見学までに、それぞれの会社を詳しく調べ、より深く学ぼうとする姿や、話を聞きながら浮かんだ質問をする姿。そして、職人の働きぶりから燕のものづくりの精神(スピリッツ)を感じようと熱心に見聞きする姿など、子どもたちの成長を感じることができました。

それに応える形で、いずれの会社も子どもたちの期待以上にたくさんのことを教えていただきました。

 

 

赤門スイーツ

 赤門の移築100周年を記念し、宮町の飴屋本舗と6年生の総合的な学習の時間におけるコラボ企画として誕生した赤門サブレと赤門プリン。

 赤門祭では大好評で、約220個が短時間で完売しました。

 新聞にも掲載されてありますように、今月中は飴屋本舗にて販売されています。赤門スイーツで、赤門の節目を祝いましょう。